知念美加子

記事一覧(34)

LONDON 5 〜スタイリスト〜

いきなりですが、わたしブログ書くのスキですよ!笑ただ、どうしても熱くなってしまって書き上げるのに時間かかるので、スタートをきるのがめんどくさいんだーーー!前回の英語の話も、自分なんなんだろって思ってしまったわ。笑ここに引っ越す前にも書いたのだけど、ブログは日記だと思っています!インスタやツイッターでは伝えたきれない出来事や記憶、思いを自分が忘れない為に書き留める場所。昔のブログ見ても、「そうだった」と思い返させてくれることが多く、やってて良かったなと思うので、頑張って続けたいとおもう。うん。これも言い聞かせ。笑話変わって、わたしの本業はスタイリストです!このお仕事でお金を頂いて、ごはんを食べてさせてもらってます。今こうやって29歳で留学出来るのも、スタイリストとして働かせて貰えてるから。スタイリストが仕事として成り立つには、もちろん本人の努力も必要だけれど、その努力を 見てくれる人、応援してくれる人、受け取ってくれる人がいるから仕事にできるのです。だから、いつも応援してくれる人、スタイリングを好きと言ってくれる人、洋服が好きな人、このブログを読んでくれてる人、本当に本当にありがとうございます。語学留学がメインのロンドンライフですが、ハタチの時のオーストラリア留学と違うのはわたしがスタイリストだという事。だから、今のわたしに出来ることを絶対にロンドンで残して行きたいと思っています。まだまだ思索段階ですが、帰国したらロンドンライフをカタチにした何かをしたいと思っています!今回はそんな「何か」をちらみせ♡自分のための「何か」ではあるけれど、ファッションがスキな人への「何か」にもなれるように。

LONDON 4 〜英語〜

前にお伝えした通り、私は英語が嫌いでした。学生の時は逃げまくってました。でも、今勉強してわかったの英語は楽しいという事。そして、苦手だった私だからこそ、伝えられるものがあるという事。英語に興味ない方にはつまらない話かも。笑日本人は小中学と最低でも6年間英語を勉強するのに喋れない。と言われます。もちろん、英語と日本語の文法が全く違うから理解するのが難しいのもあると思う。でも、よく考えると子どもは全くの無知からいつの間にか喋れるようになってる。それは大人や兄弟、テレビなど周りが喋ってるのを聞いてるから。私は留学を経験して、教える立場(小学校英語教諭資格)になって思うのは、人は聞いた音でないと発声しない。私が受けてきた学校の英語授業は日本語でした。『be動詞』だって日本語。テストの質問も日本語、先生が喋るのも日本語。日本語で英語の授業。全く違うからこそ、比較しながらの勉強は難しい。語学学校に行って始めて英語で英語の授業を受けた時、『present sentence 』=『現在形』から始まったのだけど、まずプレゼントセンテンスって何やねん。ってなった。他の国は英語で英語の授業を受けてるから、すんなり頭に入るけど、私にはまずそこからが難問。笑だって、テストでも『この文の現在形を書け」ってしか出なかったし。笑(今はもしかしたら変わってるかもしれないけど)私が受けてきた日本の英語授業、テストでは喋れるようになるのは難しいと感じました。ただ、私がラッキーだったのは小学生の頃に通った英会話教室。そこで、ゲームしながら発音の練習(当時はただのゲームと思ってた)が今となっては役に立っていて、私はジャパニーズアクセントが弱い。Aはエーではなくӕ 。カタカナでは表せられない。だって日本語じゃないから。わたしは記号はわからないけど、『聞いたことのある音だから、発声する事が出来る』と、個人的に思ってる。子どもの耳は凄く良くて、大人では分からない「RとL」の違いや「th」の音を聞き分けられるらしい。その聞き分けが出来て始めて、自分の声として発声出来る。だから、色んな音(英語だけじゃなくて、音楽でも他の言語でも)を聞く、聞き分けることが大事だという事を身をもって感じました。今からでも遅くない。聞くことは発することの第一歩。それから、これは最近になって思ったこと。『英語を喋れる』ことが大事ではなくて、『伝える、分かる』という事が大事。伝わるのであれば、間違ってもいい。分かるのであれば、それでいい。今わたしはブリティッシュの友達とランゲージエクスチェンジをしていて、日本語を教えながら、英語を習ってます。彼女の日本語は時々間違ってるけど、でも言いたい事は十分に分かるし、私の間違った英語も伝わってる。共感や反感、相手の反応でコミュニケーションが取れてる事がわかる。伝わってなかったり、意味がわからない時はお互い直しあう。教えながら、教わることで得たものは大きい。わたしは日本人だから、一生かけてもネイティヴにはなれない。でも近づく努力は出来る。その努力の一歩としてまずはコミュニケーションを取ること。喋れるようになるのはその後についてくると願ってる。笑長くなりましが、わたしが伝えたいのは『英語は楽しい』ってこと!笑私はわたしに言い聞かせてる。うまく喋ろうとするプライドの高い自分に対して。この2回目の留学を通して得た『英語に対する考え』は自分の中ですごく大きいものになりました。英語好きなのに苦手な人、キライになってしまった人に何か伝わればいいなと思うのです。

LONDON 3 〜初留学〜

私の中の記憶。小学3年生のときに、新しい英会話教室が出来て友達と体験入学したのがはじまり。新しいことするのが楽しくて、親にお願いして入会させてもらった。(この時、習字も水泳もピアノもやってて、今となってはよくこんなに習い事をさせてくれたなと思う。長女の特権。笑)最初は楽しかった英会話教室もだんだん飽きてきて、たぶん1年くらいで辞めたはず。そして次は中学の授業。英会話ならってた経験があるからって調子乗ってたら、be動詞あたりから分からなくなって、英語嫌いになった。笑英語の前にまずは国語が苦手だったのね。主語とか動詞とか意味わからなかった。笑ただ、テストでは良い点とりたいから、丸暗記で凌いでた。でも、高校受験目前、塾の先生に『実はわかってない』ってバレて猛特訓。また嫌いになった。笑日本人だもの。英語喋る必要ないし、生きていける。って反抗してた。でも本当は興味があったのよ。英語スキなのに英語に嫌われてる感じ?そして20歳。自分が将来何がしたいのか全然わからなくて悩んでた時期。バイト先の同期が、外国人相手に英語でペラペラ接客してるの見て、単純に『かっこいい』と思った。そこから、何かスイッチが入った感じで、『英語喋れたらかっこいいし、英語のうた歌いたいし、海外行けばとりあえず就職とかに追われなくて済むかも』と、オーストラリア留学を決めた。オーストラリアを選んだのは、物価が安いって聞いたのと、やっぱりあったかい国がいいなと思ったから。まずは出発日。成人式はみんなと過ごしたいから。。うん、2月1日にしよう。キレがいいから!オーストラリアも夏だしいい感じ♡出発日までは約1年。目標120万円貯金。沖縄の平均時給¥630。隙間を埋めるようにバイト3つ掛け持ち。でもファッションは楽しみたいから、私服でネイルオッケーのところ。遠距離恋愛中の彼のとこに転がり込み出稼ぎ。真冬のパチンコ屋の駐車場が辛かった。笑節約の為朝はお弁当作って行ったな。でも、せっかく貯めたお金は成人式の振袖代で飛んだ!笑母は一瞬しか着ないんだから、安いのにしておけって言ったけど、、自分が上がらないものは着たくないと思って、高いけど気に入ったやつを選んだ。(え、成人式って自分でお金払のかよっ。てケンカしながら笑)そんなこんなで、目標120万は達成出来ず100万くらいになってしまったけれど、ここは強行突破。そんなこと言ってたら、勢い無くして行かなくなると思って。そういう性格。笑そして始まった私の初留学オーストラリア。